ラズパイにはWordPressが重過ぎるのを解決した話

By | 2017年12月3日

ラズベリーパイは年々性能が向上し、コストに対して充分なパフォーマンスを発揮してくれます。しかし、実際にこいつでWordPressを立ち上げると、管理画面中のページ移動もブログ側の初回読み込みにも5秒以上掛かってしまいます。

とりあえず非常に読み込みが重い。
今回はこれを解決したくphp-apcを導入しました。

そもそもの根本的な原因は、
①単純にラズベリーパイのスペックが低いこと
②回線速度の問題(集合住宅回線のうえサーバーとルーターが無線で通信)
③WordPress内のプログラム処理による遅延
あたりだと思います。

①の解決には、サーバー自体を変更するか、ラズパイをもう何台か購入してクラスタ化すればどうにかなりそうな雰囲気ですが、あまりコストは掛けたくありません。
となると②と③辺りであればコストが掛からずなんとかする方法がありそうです。

今回導入したのはphp-apcです。こいつはPHPファイルをキャッシュして、高速で実行できるようにしてくれます。特にデメリットも無いので、PHP主体の環境であるならば入れておいて損はないと思います。

どうやらPHP7には標準でそれっぽいモジュールか何かが入っているようですが、私の環境はPHP5.4なので下記のサイト様を参考に導入させて頂きました。https://sudachi.jp/wiki/APC%E3%81%A7PHP%E3%82%92%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%8C%96(CentOS7)

結論から言うと、驚くほど読み込みの速度が向上しました。まだ見方が分からないのですが、管理画面的なものもあるのでどの程度キャッシュされているのかが分かるのかな?
管理画面的なものについては時間のあるときに調べてみたいと思います。

php-apcの導入により、管理画面側で一度開いたページであれば体感で2秒以内には開いているように感じられます。
ブログ側も大体2~3秒程度の時間で済むので閲覧者が待ち時間でイライラすることが少なくなるでしょう。

高速化について調べてみて正解でしたね!
こんな感じで少しずつ環境を整えていきますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)