[AWS]ECSの自動ドレイニング導入の解説

By | 2019年7月31日

ECSでサービスを展開している方で、ホストインスタンスのスケールインについて悩まされた方は多いのではないでしょうか。

そのうちECSやAutoScalingの機能に追加されるかなと放置していたのですが、2017年にLambdaを使った自動ドレイニング(クリックで開く)の方法が公開されてから、特に音沙汰もありません

これはもう機能として追加されることはないんでしょうかね・・・。

ということで、せっかくなので公式ブログで紹介されている自動ドレイニングを導入する方法について解説していきます。
とはいえ、ある程度の知識をお持ちの方はブログの内容とCloudFormationを見ればすぐに実装できると思いますが・・・(*´-`)

 

ドレイニングの必要性って?

まず前提として、なぜドレイニングを自動化したいのかについて振り返ってみます。

今回の例では、
あるクラスターに3つのホストインスタンスが存在していて、このインスタンスを1台減らしたいという想定でお話しします。
このクラスターにはサービスA/B/Cが設定されており、
 ・サービスA:コンテナ1個
 ・サービスB:コンテナ3個
 ・サービスC:コンテナ2個
が希望値として設定されています。


早速ですがAutoScalingで設定しているインスタンスの数を1つ減らしてみましょう。
AUtoScalingは、「古いインスタンスから消す」「AZが均等になるように消す」「コストが高いものから消す」など様々なルールに従ってEC2インスタンスを削除します。


ということで1台のインスタンスが削除されました。
この図を見ればお気づきだとは思いますが、削除直後のサービス毎のコンテナの数は以下の通りです。
 ・サービスA:コンテナ0個
 ・サービスB:コンテナ2個
 ・サービスC:コンテナ2個


すなわちサービスAについてはダウンタイムが発生してしまいます。

この他にも、ホストインスタンスが停止することによってコンテナも削除されるため、
ある特定のコンテナに接続中のユーザーは突然接続が切られることになります。

 

ドレイニングにするとこうなる

ではドレイニングとやらを活用したケースを考えてみます。

ECSのホストインスタンスのうち1台をドレイニング状態へ変更しました。


ドレイニング状態のインスタンスにはコンテナが立つことはできません。
既に立っているコンテナについては、停止処理が実行されます。
そして停止する予定のコンテナの数だけ、別のホストインスタンス上に新たなコンテナが立てられます


最終的にはあたかもコンテナが移動したかのような状態になりました。
これでドレイニング状態のインスタンスを停止すれば安全にインスタンスの数を減らすことができます。

 

ドレイニングの注意点


先ほどのケースでは問題にならなかったのですが、もしもアクティブ状態のインスタンスに新たなコンテナを立てるリソースがなかった場合にはどうなるのでしょうか。当然、新しいコンテナを立てることはできないのですが、ドレイニング状態のインスタンスにいつまでもコンテナを載せるわけには行かず、最終的に削除されてしまいます。
このケースによってサービス内のコンテナ数が0になってしまうとダウンタイムが発生する原因となりますので注意が必要です。

CPUリソースとメモリの両方について気をつけなければなりません。
個人的な意見となるのですが、タスク定義で割り当てるCPUリソースについては0を指定しておくとホストインスタンスのメモリのみを考慮すればよくなり管理が楽になります。

 

ドレイニングの導入

冒頭で記載したリンク(クリックで開く)に詳しい仕組みとGithubへのリンクが載っています。

しかしこのGithubで提供されているCloudFormationはサンプルのサブネットやECSまで作成してしまい、既に稼働済みのサービスに導入するためには不適切です。

そこで今回は必要最低限の機能のみのCloudFormationに作り直します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09'
Description: >
  AWS CloudFormation template to create a new Lambda function
  This function supports automatic draining.
  https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/how-to-automate-container-instance-draining-in-amazon-ecs/
 
Parameters:
  EcsClusterName:
    Type: String
    Description: >
      Enter the target cluster name. ex) noname-test-cluster
    Default: 'cluster'
  EcsInstanceAsg:
    Type: String
    Description: >
      Enter the AutoScalingGroup name.
    Default: ''
 
Resources:
  SNSLambdaRole:
    Type: "AWS::IAM::Role"
    Properties:
      AssumeRolePolicyDocument:
        Version: "2012-10-17"
        Statement:
          -
            Effect: "Allow"
            Principal:
              Service:
                - "autoscaling.amazonaws.com"
            Action:
              - "sts:AssumeRole"
      ManagedPolicyArns:
      - arn:aws:iam::aws:policy/service-role/AutoScalingNotificationAccessRole
      Path: "/"
  LambdaExecutionRole:
    Type: "AWS::IAM::Role"
    Properties:
      Policies:
        -
          PolicyName: "lambda-inline"
          PolicyDocument:
            Version: "2012-10-17"
            Statement:
              - Effect: "Allow"
                Action:
                - autoscaling:CompleteLifecycleAction
                - logs:CreateLogGroup
                - logs:CreateLogStream
                - logs:PutLogEvents
                - ecs:ListContainerInstances
                - ecs:DescribeContainerInstances
                - ecs:UpdateContainerInstancesState
                - sns:Publish
                Resource: "*"
      AssumeRolePolicyDocument:
        Version: "2012-10-17"
        Statement:
          -
            Effect: "Allow"
            Principal:
              Service:
                - "lambda.amazonaws.com"
            Action:
              - "sts:AssumeRole"
      ManagedPolicyArns:
      - arn:aws:iam::aws:policy/service-role/AutoScalingNotificationAccessRole
      Path: "/"
  ASGSNSTopic:
    Type: "AWS::SNS::Topic"
    Properties:
      Subscription:
        -
          Endpoint:
             Fn::GetAtt:
                - "LambdaFunctionForASG"
                - "Arn"
          Protocol: "lambda"
    DependsOn: "LambdaFunctionForASG"
  LambdaFunctionForASG:
    Type: "AWS::Lambda::Function"
    Properties:
      Description: Gracefully drain ECS tasks from EC2 instances before the instances are
                   terminated by autoscaling.
      Handler: index.lambda_handler
      Role: !GetAtt LambdaExecutionRole.Arn
      Runtime: python3.6
      MemorySize: 128
      Timeout: 60
      Code:
        ZipFile: !Sub |
          import json
          import time
          import boto3
          CLUSTER = '${EcsClusterName}'
          REGION = '${AWS::Region}'
          ECS = boto3.client('ecs', region_name=REGION)
          ASG = boto3.client('autoscaling', region_name=REGION)
          SNS = boto3.client('sns', region_name=REGION)
          def find_ecs_instance_info(instance_id):
              paginator = ECS.get_paginator('list_container_instances')
              for list_resp in paginator.paginate(cluster=CLUSTER):
                  arns = list_resp['containerInstanceArns']
                  desc_resp = ECS.describe_container_instances(cluster=CLUSTER,
                                                               containerInstances=arns)
                  for container_instance in desc_resp['containerInstances']:
                      if container_instance['ec2InstanceId'] != instance_id:
                          continue
                      print('Found instance: id=%s, arn=%s, status=%s, runningTasksCount=%s' %
                            (instance_id, container_instance['containerInstanceArn'],
                             container_instance['status'], container_instance['runningTasksCount']))
                      return (container_instance['containerInstanceArn'],
                              container_instance['status'], container_instance['runningTasksCount'])
              return None, None, 0
          def instance_has_running_tasks(instance_id):
              (instance_arn, container_status, running_tasks) = find_ecs_instance_info(instance_id)
              if instance_arn is None:
                  print('Could not find instance ID %s. Letting autoscaling kill the instance.' %
                        (instance_id))
                  return False
              if container_status != 'DRAINING':
                  print('Setting container instance %s (%s) to DRAINING' %
                        (instance_id, instance_arn))
                  ECS.update_container_instances_state(cluster=CLUSTER,
                                                       containerInstances=[instance_arn],
                                                       status='DRAINING')
              return running_tasks > 0
          def lambda_handler(event, context):
              msg = json.loads(event['Records'][0]['Sns']['Message'])
              if 'LifecycleTransition' not in msg.keys() or \
                 msg['LifecycleTransition'].find('autoscaling:EC2_INSTANCE_TERMINATING') == -1:
                  print('Exiting since the lifecycle transition is not EC2_INSTANCE_TERMINATING.')
                  return
              if instance_has_running_tasks(msg['EC2InstanceId']):
                  print('Tasks are still running on instance %s; posting msg to SNS topic %s' %
                        (msg['EC2InstanceId'], event['Records'][0]['Sns']['TopicArn']))
                  time.sleep(5)
                  sns_resp = SNS.publish(TopicArn=event['Records'][0]['Sns']['TopicArn'],
                                         Message=json.dumps(msg),
                                         Subject='Publishing SNS msg to invoke Lambda again.')
                  print('Posted msg %s to SNS topic.' % (sns_resp['MessageId']))
              else:
                  print('No tasks are running on instance %s; setting lifecycle to complete' %
                        (msg['EC2InstanceId']))
                  ASG.complete_lifecycle_action(LifecycleHookName=msg['LifecycleHookName'],
                                                AutoScalingGroupName=msg['AutoScalingGroupName'],
                                                LifecycleActionResult='CONTINUE',
                                                InstanceId=msg['EC2InstanceId'])
  LambdaInvokePermission:
    Type: "AWS::Lambda::Permission"
    Properties:
       FunctionName: !Ref LambdaFunctionForASG
       Action: lambda:InvokeFunction
       Principal: "sns.amazonaws.com"
       SourceArn: !Ref ASGSNSTopic
  LambdaSubscriptionToSNSTopic:
    Type: AWS::SNS::Subscription
    Properties:
       Endpoint:
          Fn::GetAtt:
             - "LambdaFunctionForASG"
             - "Arn"
       Protocol: 'lambda'
       TopicArn: !Ref ASGSNSTopic
  ASGTerminateHook:
    Type: "AWS::AutoScaling::LifecycleHook"
    Properties:
      AutoScalingGroupName: !Ref EcsInstanceAsg
      DefaultResult: "ABANDON"
      HeartbeatTimeout: "900"
      LifecycleTransition: "autoscaling:EC2_INSTANCE_TERMINATING"
      NotificationTargetARN: !Ref ASGSNSTopic
      RoleARN:
         Fn::GetAtt:
         - "SNSLambdaRole"
         - "Arn"
    DependsOn: "ASGSNSTopic"
Outputs:
  EcsInstanceAsgName:
    Description: Auto Scaling Group Name for ECS Instances
    Value: !Ref EcsInstanceAsg
  SNSTopicForASG:
    Description: Topic used by ASG to send notifications when instance state is changing
    Value: !Ref ASGSNSTopic

このCloudFormationを実行すると、実行に必要なIAMポリシーとドレイニングを実行するLambda関数、AutoScalingでの通知を受け取るためのSNSが生成されます。


該当のAutoScalingグループの設定にて「通知」を作成して終了イベントを送信できるようにしてください。

これでAutoScalingによってインスタンスが終了する際にECSのホストインスタンスがドレイニングとなり、コンテナがなくなったことを確認のうえ停止されるようになります。

 

終わりに

自動でドレイニングが実行できるようになると、ECSのサービスを安全でスケーラブルな構成に組み替えることができます。

例えばServiceAutoScalingの設定で
 ・サービスのCPU使用率が一定値を超えたらコンテナを増やす
 ・サービスのCPU使用率が一定値を下回ったらコンテナを減らす

AutoScalingの設定で
 ・ECSクラスターの予約メモリのメトリクスが80%を超えたらインスタンスを増やす
 ・ECSクラスターの予約メモリのメトリクスが40%を下回ったらインスタンスを減らす
みたいな設定を入れ込んでおけば、突発的なユーザー流入や突発的な負荷でもない限りは適切なサイズに自動調整されます。

本来であればECSを使っている以上はこの構成にしておくのが望ましいのですが、もしもまだスケーラブルな構成になっていない場合には是非とも検討してみてください。スポットインスタンスとも相性が抜群です。

また、リザーブドインスタンスを購入していない場合にはFargateを使用するというのもありだと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)